会長挨拶

2019-06-22

第6回社員総会あいさつ

第6回社員総会を開催するにあたり、一言ご挨拶申し上げます。

会員の皆様方におかれましては、平素より本会の活動に対しましてご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。心から御礼申し上げます。

さて、前回の社員総会から本日までの一年を振り返ってみますと、私の経験上一番短く、早い一年であったように思います。

昨年11月に厚生労働省医政局歯科保健課 田口課長、保健局医療課 高田課長補佐をお迎えして『情報提供推進事業』を開催しました。当日は会員の皆様をはじめ、歯科医師、歯科衛生士、未入会の方々、元日技会長中西茂昭氏、前日技会長古橋博美氏、現日技会長杉岡範明氏を含め232名の参加者が来場されました。

また、平成最後の秋の叙勲では第10代・11代日技会長の中西茂昭氏が、歯科技工士としては過去最高位である(旭日小綬章)を叙勲され、後進の我々にとっても誇りに思い、励みになる栄誉ある受賞でした。

年が明け、1月6日には恒例の新年互礼会を華々しく開催し、大阪府歯科医師会から太田謙司会長にご臨席頂きました。歯科医師会の会長が技工士会の互礼会に参加されたのは長きにわたる本会の歴史を紐解いても記憶にないことであり、大変光栄でありました。

そして、まだ2月にもならない1月28日早朝に、年末から体調を崩されていた本会副会長 重光俊憲氏がお亡くなりになられました。長年、本会執行部を務めあげ、現執行部においても副会長として尽力いただいた事は皆さんもよくご存じであろうと思います。心からご冥福をお祈りいたします。

4月には近畿デンタルショーにおいて、近畿歯科技工士会としてブースも出展し2日間にわたってセミナーも行い、盛況でありました。本会が行う一つ一つの事業には必ず一つ一つの意味や意義があります。紙面だけでは伝えきれない何かがそこにはあります。一人でも多くの歯科技工士に知ってもらいたい何かを、探しに来てください。

この執行部の任期も残すところあと一年となりました。この社員総会が大阪府歯科技工士会にとりまして実りある総会であることを祈念申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

令和元年6月22日
一般社団法人大阪府歯科技工士会
会 長 清水 潤一

Copyright(c) 一般社団法人 大阪府歯科技工士会 All Rights Reserved.